見出し画像

八ヶ岳でワーケーションしてきました。

Bot Express

山のオフィスの工事進捗を確認がてら、10月17日から約1週間ほど八ヶ岳に滞在してお仕事してきました。その様子をちょっとだけレポートしようと思います。

ロケーション

今回のベースキャンプに選んだのはSANU 2nd Homeの八ヶ岳サイトです。SANU 2nd Homeは大自然の中に「サブスクリプション型のセカンドハウス」を提供するサービス。いわゆる別荘のシェアリングのような形ですね。現在は信州エリアを中心にサービスが展開されており、具体的には下記のロケーションにサイトが存在します。

  • 軽井沢

  • 白樺湖

  • 山中湖

  • 河口湖

  • 八ヶ岳

宿泊棟である「CABIN」はどのサイトでも基本的に同じ建物となっており、今回滞在した八ヶ岳のCABINはこちら。

八ヶ岳サイトのCABIN

建材には国産の杉を使用しており、できる限り釘や接着剤を使わずに組み上げて、将来的にパーツに分解&再活用できるように努めているとのこと。山のオフィスの建築計画を進めている中でも建築木材は大部分を輸入材に頼っているという話があり、なんとか国産材をもっと活用できないものかと思っていたので、こういった事例がモデルケースになって国産材の利用が促進されるといいですね。ありすぎて公害になっている杉の伐採にもぜひつなげていただきたい。

働く環境

CABINの中を少し見てみましょう。まず入ったところ。

室内入ったところ

大きいサッシと明るい木材の色、独特の形状が相まって開放感とおこもり感を同時に感じられるというユニークな仕様です。

ワークスペースはこんな感じ。

ワークスペース

子どもごころをくすぐる秘密基地感。そして今回1週間近く滞在する可能性があったので、やはりディスプレイは欠かせないと思いStudio Displayを持参。Studio Display、言うまでもありませんが、リモートサイトに携行するにはまったく向きません。

食事

わりとしっかりしたアイランドキッチンがあり、調味料やお皿、シルバー類は備え付けのものがあるので料理もEnjoyできます。私は朝食だけ作りました。

自炊した朝食

材料は地元食材、と言いたいところですが、虎ノ門の福島屋で買っていきました。この粗挽きソーセージ、結構イけます。なにせ焼くだけです。

ときどき外泊

1泊は気分を変えてそこからさらに外泊しました。長野に来たらジビエ。ジビエといえばワイン。ジビエとワインといえば、という老舗のオーベルジュがありまして、そちらにお世話になりました。夕食は料理が美味しすぎて写真など撮る発想まったくなかったので朝食の雰囲気だけ。テラスには鳥の餌箱があり、訪れる小鳥やリスを見ながら1日を始めることができる仕様です。

オーベルジュでの朝食

最後に

Bot Expressではワーケーションを全社で推奨しており、自由な働き方、五感に作用する自然とのコラボレーションを追い求めています。豊かな日本を満喫しながら、明日も日本をアップグレードするサービスを開発していきます。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!