Bot Express

ほとんどの住民が、今、すぐに利用できるスマホ市役所「GovTech Express」を提供する株式会社Bot Expressの公式noteです。

Bot Express

ほとんどの住民が、今、すぐに利用できるスマホ市役所「GovTech Express」を提供する株式会社Bot Expressの公式noteです。

マガジン

  • イベント

    スマホ市役所を実現している自治体の事例共有イベント「Bot Express Showcase」の開催告知や実施レポート、パートナー自治体向け勉強会「GovTech Express BootCamp」の情報をお届けします。

  • ワークスタイル

    • 15本

    山のオフィス、積極的なワーケーションなど、Bot Expressでのワークライフをご紹介します。

  • How To

    住民へのアプローチや友だちの増やし方など、スマホ市役所を実現するためのHow Toをパートナーサクセスマネージャーよりシェア。

  • プレスリリース

    新しい取り組みやパートナーシップ、経営に関する重要なお知らせをまとめています。

  • 機能紹介

    官公庁専用対話型アプリケーション「GovTech Express」の機能を解説します。

ウィジェット

リンク

  • Bot Express TV CM 「ある市役所…
  • 【Bot Expressサクセスストーリーvol…
  • 【Bot Expressサクセスストーリーvol…

最近の記事

  • 固定された記事

「スマホ市役所 事例BOOK」公開のお知らせ

「スマホ市役所 事例BOOK」を本日より配付いたします。24時間365日アクセスすることができるスマホ市役所によって実現した、住民の行動変容事例をご紹介しています。 カテゴリーは、防災・危機管理をはじめ、広報・広聴、戸籍・住民票・マイナンバー、子育て、健康・福祉など、自治体窓口の多くの機能をカバーしています。 自治体の規模問わず、全国各地でスマホ市役所は拡がっています。お近くの自治体の変化をのぞいてみてください。 自治体ごとに専用ページを設け、①取り組み概要 ②特徴 ③

    • 2月28日(火)、 Showcase#10開催。テーマは「役所窓口の待ち時間ゼロへ。マイナポイント操作支援窓口への予約制導入」愛知県豊田市行政改革推進課 廣濱学氏登壇

      スマホ市役所を実現している官公庁・地方自治体の事例を共有するイベント「Bot Express Showcase」の第10回目を2月28日(火)15時より開催します。テーマは「役所窓口の待ち時間ゼロへ。マイナポイント操作支援窓口への予約制導入」です。愛知県豊田市行政改革推進課 廣濱学氏をゲストに迎えお送りします。 イベントテーマ愛知県豊田市は、GovTech Expressを活用し「マイナポイント操作支援窓口」に予約制を導入しました。マイナポイントの申込みを一人で行うのが難し

      • 【INTERVIEW vol.3】自治体と共にビジョンを実装するパートナーサクセスマネージャーの日々

        Bot Express 代表やメンバーへのインタビュー企画、vol.3は「自治体と共にビジョンを実装するパートナーサクセスマネージャーの日々」です。 Bot Expressはパートナー自治体(契約自治体)に対し、いくつかの「約束」を示しています。その一つが「共に取り組む」です。 その約束を果たすべく、パートナーと共に活用ロードマップの作成から、役所内の各部署への提案、セットアップを何度も繰り返しながら、圧倒的に便利なサービスを住民に届け、実際に使われるオンラインサービスの

        • もう迷わない。オンライン手続きに短距離で導くリッチメニュー

          役所の庁舎に総合案内の看板があるように、自治体の公式LINEにはリッチメニューというものがおかれます。 庁舎を訪れる場合は総合案内の看板を見ながら部署を探し、そのフロアに行き窓口に行き…という体験になりますが、LINEの場合はどのような体験がよいのか。パートナーサクセスマネージャー視点でポイントをご紹介します。 1.どんなメニューを置くか リッチメニューのどのパネルをタップするとどこにたどり着くか、全て把握した上で選択する利用者はそれほど多くないと思います。 そのため

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • イベント
          Bot Express
        • ワークスタイル
          Bot Express 他
        • How To
          Bot Express
        • プレスリリース
          Bot Express
        • 機能紹介
          Bot Express
        • 事例
          Bot Express 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          自治体と共に、住民の暮らしを変える「パートナーサクセスマネージャー」を募集します。

          Bot Expressでは、住民の行動変容につながる行政サービスの提供を、パートナー自治体と共に取り組む仲間を募集しています。まずは当社について知っていただくべく、会社の概要からご説明します。 1. 株式会社Bot Expressの概要Bot Expressは、LINE上に役所を開設するサービスを開発・提供している設立5年目のスタートアップ企業です。ほとんどの住民が今すぐ利用できるオンライン行政サービスを提供する。これが当社の製品開発の理念です。特殊なデバイス、非日常的な要

          申請から最短3日で受け取り。子育て支援金の「LINEで申請・セブン銀行ATMで受取」、山形県庄内町で開始

          ほとんどの住民が、今、すぐに利用できるスマホ市役所「GovTech Express」を提供するBot Expressは、山形県庄内町がGovTech Expressを活用し、子育て世帯支援事業として実施する支援金において庄内町LINE公式アカウントから申請を行うことができる「LINEで申請・セブン銀行ATMで受取」を開始したことをお知らせいたします。 支援金は、株式会社セブン銀行(代表取締役社長松橋正明)、株式会社セブン・ペイメントサービス(代表取締役社長河邉弦)が提供する

          給付金の新しいカタチ。町からLINEでAmazonギフトカードを贈ろう。

          GovTech Expressに新しい送金(給付)の仕組みが追加されました。すでに利用可能なLINE Pay、セブン銀行ATMを使った送金に加え、「Amazon ギフトカード」という形で住民の方々に助成金などを給付することができるようになりました。もちろん、申請から給付まで一気通貫でLINEを通しておこなうことができ、ハガキ・封書などの郵送は不要です。この新しい仕組みについてご紹介していきます。 Amazonギフトカードとは?Amazonギフトカードは、その名の通りAmaz

          第60回JAA広告賞「消費者が選んだ広告コンクール」デジタル広告部門でメダリストを受賞

          ほとんどの住民が、今、すぐに利用できるスマホ市役所「GovTech Express」を提供するBot Expressは、公益社団法人日本アドバタイザーズ協会が主催する第60回 JAA広告賞「消費者が選んだ広告コンクール」のデジタル広告部門においてメダリスト(各部門の優秀作品トップ10)を受賞したことをお知らせいたします。 JAA広告賞審査員に広告の関係者を含まず、広告の受け手である消費者が生活者の視点から審査を行うという特徴を持つ総合広告賞で、生活者視点から優れた広告を表彰

          1月31日(火)、Bot Express Showcase特別編開催。テーマは「出産・子育て応援交付金事業をデジタルで実行する方法」大阪府和泉市子育て支援室、山形県庄内町保健福祉課の担当者登壇

          Bot Expressは、スマホ市役所を実現する自治体事例共有イベント「Bot Express Showcase」の特別編を1月31日(火)に開催します。テーマは「出産子育て応援交付金事業をデジタルで実行する方法」です。 導入事例として、大阪府和泉市子育て支援室、山形県庄内町保健福祉課の担当者をゲストに迎えお送りします。 Bot Expressが提供する官公庁専用対話型アプリケーション「GovTech Express」を活用することで、各自治体のLINE公式アカウント上で事

          出産子育て応援交付金。LINEでご案内はもちろん、面談予約から給付までを一気通貫でおこなう仕組みをご紹介します。

          全国で始まる「出産子育て応援交付金」をどのように実施するか悩んでいる自治体職員の方は多いのではないでしょうか。 里帰り出産を希望する方、子育てで忙しくされている方、仕事との両立で時間がない方、そんな方たちに24時間365日、ほとんどの方々に、今すぐにスマホから利用いただける仕組みをご紹介したいと思います。まさに「スマホ市役所」です。 これは住民の利便性向上だけでなく、自治体事務の多くを自動化・ペーパーレス化することによって、自治体職員のみなさんが支援を必要としている方に寄

          【神戸市】2ヶ月で8,000人以上の友だち獲得。LINEで成人式入場登録。

          先日、茨城県行方市における二十歳のつどいの取組について紹介をしました。この取組は全国で広がっています。そして今回は、同様の施策ではありますが、多くの若年層の友だち登録に繋がった神戸市の取組について紹介したいと思います。 1. 神戸市概要 2. 取り組み詳細 はたちを祝う会の来場者を対象に、入場の事前登録をLINEで受付する仕組みを構築されました。事前登録いただくことによって来場管理はもちろん、市側でおおよその来場者数が把握できるとともに、当日の諸注意事項を任意のタイミン

          静岡県磐田市、GovTech Expressを活用し幼児健診のLINE予約を開始

          はがき・電話は不要。LINEから24時間予約可能。 ほとんどの住民が、今、すぐに利用できるスマホ市役所「GovTech Express」を提供する株式会社Bot Expressは、静岡県磐田市(市長:草地博昭)がGovTech Expressを活用し、市のLINE公式アカウントから幼児健診予約が可能となる住民サービスを開始したことをお知らせいたします。 磐田市「幼児健診LINE予約」で提供する住民サービス・24時間、開庁時間を気にすることなく健診予約や予約日変更が可能。

          LINEでも、Webでも。1つの設定でトークとWebの両方で手続きを受け付けることができる「フォーム」機能をリリースしました

          これまでGovTech Expressでは手続を「トーク化」できることが特徴の1つでした。職員自ら、行政手続きをLINEで利用できるようにサービスを開発できる。この側面は変わりません。 これに加え、その手続きをLINEのみならずWebフォームでも受付可能にする機能をリリースしました。今回はこの「フォーム」機能について解説します。 設定方法実はこのフォーム機能、新しい設定はほとんどありません。GovTech Expressでは手続きをトーク化するにあたって「アンケート」を作

          【INTERVIEW vol.2】コンパクトなチームを維持し事業を発展させる仕組み

          Bot Expressの創業者であり代表取締役中嶋にインタビューする企画。2回に分けてお届けしています。vol.2 テーマは「コンパクトなチームを維持し事業を発展させる仕組み」です。 Bot Expressでは、私たち自身が「ハードワークだけど、豊かに過ごし、心身がエネルギーと希望に満ち溢れている状態」であることを目指しています。そして、事業が急拡大しても可能な限り「コンパクトな組織」であることも重要視しています。独自の組織作りにチャレンジしている中嶋に、どのような考えでこ

          【東京都文京区】文京区子ども応援臨時支給金

          今月16日から、文京区は子育て世帯を経済的に支援することを目的に3万円を給付する事業を開始しました。 申請にはマイナンバーカードや顔認証による本人確認手段を採用しているほか、対象の子どもに該当するかはデータベースで自動で照合。 申請者と職員にとって、より便利な行政サービスを提供する文京区のスマホ市役所をご紹介します。 1. 文京区概要 2. 取り組み詳細 給付対象者(子ども)は約3.5万人。生年月日や住所などいくつかの要件があります。 申請する場合は、申請方法はL

          推し活×ワーケーション in 五島市

          パートナーサクセスマネージャーの中原です。 今年最後のワーケーション先は、長崎県五島市です! 制度 Bot Expressでは、社員がより豊かに活動できるようワーケーション費用の一部を補助しており、今回もこの制度を利用しました。 過ごし方 今回の旅で初めて知ったのですが、五島市はリモートワークスペースがとても充実しているまち。 民宿の部屋も快適で仕事をしやすかったのですが、長崎移住ナビにおしゃれでキレイなところがいくつも掲載されていたので、ドライブがてらドロップイ