Bot Express
8月31日(水)、Bot Express Showcase #5開催。テーマは、みんなが使える非来庁型の行政窓口「スマホ市役所」の作り方
見出し画像

8月31日(水)、Bot Express Showcase #5開催。テーマは、みんなが使える非来庁型の行政窓口「スマホ市役所」の作り方

Bot Express

全国で初めて自治体LINE公式アカウントを開設した渋谷区が登壇。スマホ市役所の具体例を紹介

Bot Expressは、官公庁専用対話型アプリケーション「GovTech Express」を活用し、スマホ市役所を実現している官公庁・地方自治体の事例を共有するイベント「Bot Express Showcase」の第5回目を、8月31日(水)15時より開催することをお知らせいたします。

イベントテーマ

今回のイベントではスマホ市役所の代表例である渋谷区のLINE公式アカウントを取り上げます。

渋谷区は、2016年に全国の自治体で初めてLINE公式アカウント(※1)を開設し、渋谷区LINEを住民との重要接点と位置づけ、あらゆる窓口機能をLINE上に実装し拡張し続けています。結果としてこの住民目線の先進的な非来庁型行政窓口は「全国のリファレンス」となり、各地の自治体LINE公式アカウントに影響を与え、道しるべとなっています。直近では出産助成金制度である「ハッピーマザー出産助成金」をLINEから申請可能にし、銀行口座不要で助成金を受け取れるというサービス(※2)を開始されました。

このイベントでは一連のサービス内容や実装方法、創意工夫されている点をシェアするため、渋谷区でLINE公式アカウントを運営されているデジタルサービス部課長 宝田さんと、Bot Express 代表の中嶋が登壇し、渋谷区LINE公式アカウントを解剖していきます。

※1 渋谷区LINE公式アカウントの機能一覧 

※2 出産助成金LINE申請・セブン銀行ATM受取 

イベント参加対象者

自治体、民間企業、教育機関など所属問わず、スマホ市役所に興味のある方

Bot Express Showcaseは、通常参加者を「自治体職員」に限定して開催していますが、今回はテクノロジーを活用し「町を良くしたい」という思いをお持ちの方であれば、どなたでもご参加いただけます。

<このような方に特におすすめ>
・自治体で、ICTやDXなどオンライン行政促進を担う方(住民の利便性向上、業務の効率化、役所窓口の混雑緩和など)
・民間企業で、顧客向け、社内向けなどDX推進を担う方
・教育機関で、町づくりを研究/勉強している教職員や学生の方

イベント詳細

イベント名:Bot Express Showcase 自治体DX #5
開催日時 :2022年8月31日(水)15時〜16時  ※8月30日16時受付終了
プログラム:
1.「スマホ市役所」の作り方、全国の自治体事例(Bot Express中嶋)
2.渋谷区におけるデジタル戦略、LINE公式アカウントのコンセプトや提供機能、導入効果(渋谷区 宝田様)
3.質疑応答
開催場所 :オンライン(申込者に対し開催前までに視聴用URLを共有)
参加対象者:自治体、民間企業、教育機関など所属問わず、スマホ市役所に興味のある方
申込方法 :Bot Express LINE公式アカウント( https://lin.ee/XssrclA )を友だち追加し「イベント」から申込。または、Webフォームよりお申し込み。
https://www.bot-express.com/event_registration/

<登壇者>

渋谷区デジタルサービス部 デジタルサービス推進担当課長 宝田英之様
2016年経営企画課在籍時に、LINE株式会社との協定及び公式アカウントの立ち上げに携わり、以降、渋谷区LINE公式アカウントの企画運用を担当。現在はデジタルコミュニケーションに関わる業務に従事。様々なサービスをわかりやすく便利に提供できるように、デジタルコミュニケーションを強化していきたいと考えている。
株式会社Bot Express 代表取締役 中嶋一樹
Salesforce、日本オラクル等でエバンジェリストとしてキャリアを重ね、前職のLINE在籍時に日本初のLINEを使った行政サービスとなる粗大ごみ申請(福岡市)の仕組みを実現。 2019年に株式会社Bot Expressを創業。「お客様は住民、自治体はパートナー」という理念のもと、共鳴していただけるパートナーと最高の住民サービスを提供することをミッションとして事業を推進。趣味はキャンプ。


Bot Expressは、「つくろう。もっと愛される行政サービスを」をミッションに、GovTech Companyとして、住民利用率・満足度の高いサービスの提供を目指しています。当イベントを通して、日本全国の自治体DXやGovTechが加速することを期待しています。共に、行政サービス、そして住民の暮らしをアップデートしていきましょう。ご参加お待ちしております。

参考情報

Bot Expressが提供する官公庁専用対話型アプリケーション「GovTech Express」の特徴
1.説明書不要
手続きは案内に沿って回答するだけで完了。役所の窓口で職員に案内される流れと同じだから、簡単。
2.「はがき」も来庁も不要
町と住民がLINEの友だちになっていれば、対象者にLINEからメッセージを送るだけ。
3.自治体職員が自ら開発できる、使いたい放題のサブスクリプション契約
新規予算も仕様書作成も入札も不要。

新しい住民サービスを職員がどんどん生み出せる。
4.自治体職員が開発したサービスをテンプレートとして共有
パブリッシャーとして全国に貢献する職員と、そのテンプレートを使って素早くサービスを実装する自治体。
5.LINE、Web、電話で利用できる
得体の知れないアプリを使う必要はない。お気に入りのツールを使える。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
Bot Express
市役所・病院・学校。町のすべての窓口を、スマホの中に。 官公庁、主に地方自治体が運用するLINE公式アカウント上に、役所のもう一つの窓口を開設するサービス「GovTech Express」を提供する株式会社Bot Express公式note。