マガジンのカバー画像

事例

22
GovTech Express導入自治体の事例(課題・実装機能・効果)をご紹介しています。
運営しているクリエイター

記事一覧

【東京都中野区】LINEでの一時保育予約受付の試行実施がはじまりました

【東京都中野区】LINEでの一時保育予約受付の試行実施がはじまりました

中野区では、10月20日より中野区公式LINEでの一時保育予約受付の試験的実施がスタートしました。

これまで中野区では、電話と電子申請で一時保育の予約の受付を行ってきました。Bot Expressは中野区と伴走し、職員の負担軽減を図るとともに住民に対してより便利な窓口を提供すべく、新しい予約サービスの試行的実施に取り組んでいます。この取り組みにおいて、どんなことができるのか、パートナーサクセスマ

もっとみる
「スマホ市役所 事例BOOK」公開のお知らせ

「スマホ市役所 事例BOOK」公開のお知らせ

「スマホ市役所 事例BOOK」を本日より配付いたします。24時間365日アクセスすることができるスマホ市役所によって実現した、住民の行動変容事例をご紹介しています。

カテゴリーは、防災・危機管理をはじめ、広報・広聴、戸籍・住民票・マイナンバー、子育て、健康・福祉など、自治体窓口の多くの機能をカバーしています。

自治体の規模問わず、全国各地でスマホ市役所は拡がっています。お近くの自治体の変化をの

もっとみる
【長崎県波佐見町】学生がいるご家庭はLINEから商品券の支給申請ができます

【長崎県波佐見町】学生がいるご家庭はLINEから商品券の支給申請ができます

波佐見町は、10月1日(土)から「波佐見町学生等臨時応援商品券支給事業」を開始しました。

この事業は、新型コロナウイルス感染症拡大により経済的な影響を受けている学生等がいる家庭の支援を目的としたもので、対象者には町から3万円相当の商品券が支給されます。

申請手続きは、所定の申請書を担当部署へ提出する方法も用意されていますが、今回、波佐見町では新たな試みとしてGovTech Expressを活用

もっとみる
【大阪府藤井寺市】スマホで5分の避難訓練

【大阪府藤井寺市】スマホで5分の避難訓練

大阪府藤井寺市では2018年5月にLINEを開設し、2022年1月6日にアカウントのリニューアルをされています。
現在の機能に加え、8月26日より大雨予報が発表されてから避難完了までの行動を確認する避難訓練「避難訓練OnLINE」を開始しました。
今回は、こちらの機能についてご紹介します。

藤井寺市の概要

デジタル避難訓練 導入の経緯

6月開催、群馬県のデジタル避難訓練に関する取り組みを紹介

もっとみる
【事例動画】「行かない・書かない・待たない市役所」を3ヶ月でスタートした福山市。その軌跡を職員が語る。

【事例動画】「行かない・書かない・待たない市役所」を3ヶ月でスタートした福山市。その軌跡を職員が語る。

広島県福山市の事例動画を公開しました。
福山市では「行かない・書かない・待たない市役所」の実現を目指し、LINE公式アカウントを利用した行政手続きを導入しています。スマホ市役所の実現を目指すICT推進課、市民課、そして住民の方にお話を伺っています。
LINEを住民コミュニケーションの重要基盤としている福山市の新しい役所窓口、メリットや住民の声をぜひ動画にてご覧ください。

福山市の概要福山市LIN

もっとみる
GovTech Expressを導入している全国の自治体を紹介します。

GovTech Expressを導入している全国の自治体を紹介します。

※2022年11月更新

GovTech Expressを導入している全国83の自治体とその機能を、WebサイトおよびPDFよりご覧いただけます。地域、カテゴリ、機能から検索可能。
公開準備中を含めると100以上の自治体が導入しているGovTech Expressは、自治体規模問わず、あらゆる領域の窓口機能をスマホ上に実現します。
「スマホ市役所」、全国で拡がっています。

ここからは、領域ごとに

もっとみる
【長崎県波佐見町】LINEで集団健診の予約を受付

【長崎県波佐見町】LINEで集団健診の予約を受付

長崎県波佐見町では、LINE公式アカウントから集団健診の予約が可能です。この予約機能は、GovTech Express の”予約”機能を利用しており、個別開発の必要なく導入することができます。

波佐見町の概要特徴予約機能は、GovTech Express の管理画面上で設定します。予約施設や予約枠の他、追加の質問を自由に組み合わせることができます。
さらに、何日先まで予約できるか、何日前に予約を

もっとみる
【神奈川県座間市】1年で約80の窓口機能をLINEに集約。窓口オンライン化の進め方

【神奈川県座間市】1年で約80の窓口機能をLINEに集約。窓口オンライン化の進め方

座間市は、2021年3月よりLINE公式アカウントを開設し、わずか1年で約80の窓口機能をLINE上に構築し、人口の約6割が友だち登録をしています。DX戦略の一つとしてLINE公式アカウントの活用を進めており、現在も進化を続けている座間市。圧倒的なスピードで実現した窓口オンライン化の進め方についてご紹介します。

座間市の概要座間市LINE公式アカウントでできること約80の手続きが可能。住民は、マ

もっとみる
【東京都府中市】LINEから子育ての相談や講座の予約などが可能に

【東京都府中市】LINEから子育ての相談や講座の予約などが可能に

府中市(東京都)が、6月21日から「助産師相談予約」や「はじめてのパパママ学級予約」など子育てに関するサービスをスタートします。

第一弾として「助産師相談予約」や「はじめてのパパママ学級予約」など子育てに関するサービスを公開しますが、これにより住民の方たちは24時間いつでも・どこでも府中市公式LINEから各サービスの予約申込などができるようになります。

もっと身近に、もっと愛される住民サービス

もっとみる
渋谷区ハッピーマザー出産助成金「LINEで申請・セブン銀行ATMで受取」発表会の様子をレポートします。

渋谷区ハッピーマザー出産助成金「LINEで申請・セブン銀行ATMで受取」発表会の様子をレポートします。

2022年7月1日、渋谷区LINE公式アカウントから出産助成金のLINE申請・セブン銀行ATMから銀行口座不要で助成金を受け取ることができる住民サービスを新たにスタートしました。

開始日当日は、渋谷区澤田副区長CIO、セブン銀行松橋社長、セブン・ペイメントサービス河邉社長、Bot Express代表取締役中嶋による報道機関向け発表会を、オンラインとオフラインのハイブリッドで実施。プレスリリースで

もっとみる
【事例動画】沖縄県与那原町サクセスストーリー

【事例動画】沖縄県与那原町サクセスストーリー

沖縄県与那原町の事例動画を公開しました。
GovTech Expressの導入背景、導入に向けた動き、機能の実装、欠席連絡導入学校での現場の声、利用住民の声など、ぜひご覧ください。

沖縄県与那原町について沖縄県与那原町は、人口2万人に満たない小さな町ですが、今、約3人に1人が与那原町の公式LINEに登録をしています。

アカウント名:与那原町(@yonabarutown)
人口:2万人
LINE

もっとみる
【神奈川県横須賀市】広がるLINEで粗大ごみ申請。決済はもちろん、不備があってもLINEで完結

【神奈川県横須賀市】広がるLINEで粗大ごみ申請。決済はもちろん、不備があってもLINEで完結

家にある捨てたい粗大ごみ、溜まっていませんか?
粗大ごみっていざ捨てようと思っても、申請が面倒だったり(電話だけのところも...)、コンビニに処理券(しかも現金)を買いに行かないといけなかったり。これLINEで全部完結できたら便利ですよね!

横須賀市で始まった手数料の電子決済2021年10月25日、横須賀市で粗大ごみの申請から決済まで全てLINEで完結できるサービスが開始されました。現在はLIN

もっとみる
【奈良県奈良市】LINEで「国民健康保険」の加入・脱退等の手続き開始

【奈良県奈良市】LINEで「国民健康保険」の加入・脱退等の手続き開始

2020年11月2日、奈良県奈良市でLINEを使って対話的に国保の手続きができるサービスがスタートしています。利用できる手続きは、国民健康保険の「加入」「脱退」「高額治療の際に必要な限度額適用認定証の交付申請」の3つの申請です。今後、利用件数の多い他の手続きにも拡大していく計画です。

特徴スタートした3つの手続きは、これまで紙の申請書での運用がされてきました。今回、申請者が回答・提出する内容を確

もっとみる
【富山県魚津市】LINEで完結。マイナンバーカードを利用したオンライン行政手続き

【富山県魚津市】LINEで完結。マイナンバーカードを利用したオンライン行政手続き

全国ではじめてLINEで完結できるマイナンバーカードを利用した行政手続きが富山県魚津市でスタートしました。手数料の支払い含め、LINE上ですべて完結することができるため、LINEとマイナンバーカードさえあれば、住民は24時間365日どこにいても手続きができるようになります。追って、いくつかの自治体でも近々に同様の取り組みが開始される予定です。

どんな手続きができるのか?従来、窓口による申請や、郵

もっとみる