Bot Express

役所のもう一つの窓口をLINEに開設するサービス「GovTech Express」を提供する株式会社Bot Expressの公式note。 官公庁、主に地方自治体が運用するLINE公式アカウント上で、役所の申請や手続きの提供を実現します。

導入事例

GovTech Express導入自治体の事例(課題・実装機能・効果)をご紹介しています。

すべて見る
  • 14本

【事例動画】沖縄県与那原町サクセスストーリー

沖縄県与那原町の事例動画を公開しました。 GovTech Expressの導入背景、導入に向けた動き、機能の実装、欠席連絡導入学校での現場の声、利用住民の声など、ぜひご覧ください。 沖縄県与那原町について沖縄県与那原町は、人口2万人に満たない小さな町ですが、今、約3人に1人が与那原町の公式LINEに登録をしています。 アカウント名:与那原町(@yonabarutown) 人口:2万人 LINE公式アカウント開設:2021年2月 LINE公式アカウント友だち数:8,942人

スキ
1

【神奈川県横須賀市】広がるLINEで粗大ごみ申請。決済はもちろん、不備があってもLINEで完結

家にある捨てたい粗大ごみ、溜まっていませんか? 粗大ごみっていざ捨てようと思っても、申請が面倒だったり(電話だけのところも...)、コンビニに処理券(しかも現金)を買いに行かないといけなかったり。これLINEで全部完結できたら便利ですよね! 横須賀市で始まった手数料の電子決済2021年10月25日、横須賀市で粗大ごみの申請から決済まで全てLINEで完結できるサービスが開始されました。現在はLINE Payまたはクレジットカードでの決済に対応しています。 これまでも西宮市や

スキ
2

【奈良県奈良市】LINEで「国民健康保険」の加入・脱退等の手続き開始

2020年11月2日、奈良県奈良市でLINEを使って対話的に国保の手続きができるサービスがスタートしています。利用できる手続きは、国民健康保険の「加入」「脱退」「高額治療の際に必要な限度額適用認定証の交付申請」の3つの申請です。今後、利用件数の多い他の手続きにも拡大していく計画です。 特徴スタートした3つの手続きは、これまで紙の申請書での運用がされてきました。今回、申請者が回答・提出する内容を確認したところ、当社が提供するGovTech Express の「トークで申請」の

【群馬県】広域ワクチン接種会場の予約システムのモデルケース

群馬県では県が市町村のワクチン接種予約を一括して受け付ける窓口を提供しています。現時点で14市町村が共同利用の仕組みに参加されており、5月25日からは市町村の接種会場に加えて県営接種会場も予約できる一元的な窓口として機能しています。 県単位でこういった窓口を提供する場合、予約者を特定して重複予約や誤った接種券番号の入力を防止する仕組みが、市町村単位でシステムを提供する場合と比べてより複雑になります。その中で、群馬県の予約システムでは市町村単位でシステムを提供する場合と同様に

新規事業や経営に関する発表

新しい取り組みやパートナーシップ、会社経営に関する重要なお知らせをまとめています。

すべて見る
  • 11本

【プレスリリース】Bot Express、群馬県LINE公式アカウント上で行う「ぐんま大雨時デジタル避難訓練」をGovTech Expressを用い開発

本日より全国のGovTech Express導入自治体は同機能を追加費用なく利用可能に ほとんどの住民が、今、すぐに利用できるオンライン行政窓口プラットフォームサービス「GovTech Express」を提供する株式会社Bot Express(本社:東京都港区、代表取締役:中嶋 一樹、以下 Bot Express)は、群馬県のLINE公式アカウント「群馬県デジタル窓口(@gunma_digital_gov)」の開発・運用を支援しています。2020年7月開設以降多くの群馬県民

スキ
3

総務大臣の「LINEで住民票請求」へのコメントについて

高市早苗総務大臣より、当社で提供している「LINEで住民票請求」のサービスについてコメントされたようです。 このコメントを受け、当社としての考え方を率直に書いておこうと思います。 まず、タイミングについて。 当社は自治体など行政組織のミッションは国民・住民に益する活動をおこなうことだと考えています。当社の契約上の顧客は自治体はじめ官公庁ですが、実際の顧客は住民の皆様です。法令というのは法治国家に不可欠でありつつも、あくまでも国民の安全と利益を実現するためのフレームワーク

スキ
94

総務省提訴のお知らせ

2020年9月10日、株式会社Bot ExpressはLINEを用いた住民票申請の是非を問うため、総務省(国)を提訴しました。 争点争点は、当社が提供するLINEで住民票申請機能における本人確認実装が適法であるかどうかです。本サービスは簡単に言えば下記のとおりです。 ・住民はLINEで住民票を申請する。 ・本人確認書類および本人の複数の顔写真を照合して本人確認をおこなう。 ・LINE Payで手数料を決済する。 ・郵送で住民票が住民票記載の住所に届く。 本サービスは20

スキ
350

10月4日「報道 THE PRIME」でのLINEで住民票申請の議論に関する当社見解

10/4、フジテレビ「報道 THE PRIME」にて当社サービスのLINEで住民票を申請できる機能について議論いただきましたので、内容について当社見解をお示しさせていただきます。なお、本サービスはこちらの記事にもある総務省と争っているサービスです。 議論の要約元総務大臣 新藤衆議院議員の見解 ・本人確認の仕組みは極めて脆弱。 ・渋谷区でしか使えない。 ・DXを進めるには標準化し、どの自治体でも使えるようにする必要がある。 橋下徹氏の見解 ・先進的な仕組みを国全体で進め

スキ
23

イベント

Bot Express主催イベント「Bot Express Showcase」の開催告知や実施レポートです。

すべて見る
  • 2本

【イベント告知】5月31日(火)自治体DXイベント「Bot Express Showcase #2」開催

自治体担当者に聞く、LINEとGovTech Expressを活用したオンライン行政サービスの導入と運用ポイント 〜住民満足度95%の沖縄県与那原町、住民の半数以上が登録し80の機能を実装する神奈川県座間市が登壇〜 ほとんどの住民が、今、すぐに利用できるオンライン行政窓口プラットフォームサービス「GovTech Express」を提供する株式会社Bot Express(本社:東京都港区、代表取締役:中嶋 一樹、以下 Bot Express)は、5月31日(火)に自治体DX事

スキ
3

Bot Express Showcase 自治体DX 第1回開催レポート

4月7日に、全国の自治体を対象に、LINEとマイナンバーカードで今すぐできる行政手続きの紹介等、ほとんどの住民が、今、すぐに利用できる仕組みとは何かについて共有するイベント「Bot Express Showcase 自治体DX」の第1回を開催しました。当日は全国の自治体から47自治体の方にご参加いただきました。 今回は当日のイベントの様子をレポートします。 登壇者Bot Expressでは、パートナー(自治体)と共に、住民が望んでいるサービスをセットアップ、そして利用状況や

スキ
6

Bot Expressでの働き方

山のオフィス、積極的なワーケーションなど、Bot Expressが考えるワークライフに関する記事です。

すべて見る
  • 4本

日本の行政サービスのデファクトを自ら作る。 そんな共鳴するメンバーを募集します

Bot Expressのチームに参画し、共に行政サービスのあるべき姿を追求したい、今後数年で日本のデファクトスタンダードを自らの手で確立したい、独創的に仕事がしたい。そんな共鳴していただけるメンバーを募集します。 就業形態はいわゆる正社員が基本となりますが、まずは副業しながらFit and Gapするなど、あらゆる可能性を否定しません。まずは当社について知っていただくべく、会社の概要からご説明させていただきます。 株式会社Bot Expressの概要当社はLINE上に役所

スキ
17

Bot Expressってどんな会社?

こんにちは。Bot Expressの淺田です。Bot Expressの社員として4か月が経過したので、今日はBot Expressの紹介をしたいと思います。 Bot Expressって?”実質的にほとんどの人が今すぐ使えるサービスを提供する" という大原則のもと、LINEで自治体と友だちになるだけで役所窓口にアクセスができるという全く新しい画期的な仕組みであるGovTech Expressを提供しています。 他のLINEサービスやオンライン申請サービスと何が違うの?多く

スキ
3

Bot Express社のワークライフを大公開(ワーケーション編)

当社は完全フルリモート勤務を導入しています。それぞれのメンバーが自らの役割に責任と裁量を持ち、自由な場所と時間で働いています。 (実は私は地元大阪で生活しています) そのため、他のメンバーと1ヶ月以上、対面で会わない事もあるのですが、当社では合宿やメンバーの懇親を兼ねて年に数回、合同ワーケーションを行っています。これまでの一例をご紹介します。 広島「ベラビスタ スパ&マリーナ尾道」 新幹線で広島県の福山駅へ。 駅から30分ほどタクシーで移動すると、瀬戸内海に面したリゾー

スキ
5

Bot Express 自社オフィス建築計画のお知らせ

Bot Expressは自社が考える理想のワークライフスタイルを実現するため、長野県の蓼科高原に自社の活動拠点となる「山のオフィス」を建築することになりましたのでお知らせ致します。 緑と太陽に恵まれた蓼科高原蓼科高原は長野県茅野市に位置し、八ヶ岳や南アルプスを望む標高約1000メートルの高原で、素晴らしい眺望、日本屈指の日照期間を誇り、梅雨時期や真夏でも湿度が低く、カラッとしたさわやかな風が吹き抜ける涼しい気候が特徴です。 市街地に近い地域では平野が広がり、広大な敷地で農

スキ
24